初期型脱毛マシーン、エピレディにやられる。

Posted on

昔々の話です。

昔からある、「きれいなお姉さんは好きですか」でお馴染みの、

ソイエさえ発売する前の商品です。

 

まだまだ私が、毎日必死に毛抜で自己処理していた頃、

ムダ毛女子に朗報として、画期的な新型脱毛器、

『エピレディ』が発売されたと知りました。エピレディ

それは、ステンレス製のコイルがブルブルと震えて、

そこに毛が挟まって抜けるという仕組みの脱毛器です。

 

もう一本一本抜く時間がアホらしく、自己処理に疲れていた私に、

「一気に大量処理」は非常に魅力でした。

当時、1万円以上したと思います。 でも、高いと思いませんでした。

毛深女子の悩みの深さってこんな感じですよ。

 

初めて使った時、思わず

「うおーーーーーーっ!」と声が出たほど感動しました(笑)

面白いくらい抜けます。

溶かすタイプのワックスでバリッと大量に剥がす痛みに比べたら、

エピレディの痛みなんて屁みたいなもんです。

 

これはいいわ。

最終兵器を手に入れた気分でした。

私のムダ毛との戦いも、ついに終止符かと感慨深いものがありました。

快適快適。

私には同じく毛深い妹がいますが、二人で手を取り合ってむせび泣いたものです。(嘘)

 

とにかく、自己処理時間がグイーンと短縮。

さすがに脇はNGでしたが、そこはさほど悩みも深くなかったので、

手脚があっという間にツルツルになるだけで、もう至福でした。

 

しかし、そんな最強兵器との蜜月も、長くは続きませんでした。

なぜか。

埋もれ毛

 

毛抜でお馴染み、埋もれ毛です。

 

 

エピレディでガンガン抜くと、埋もれ毛もガンガン出来始めました。

 

ガーーーン。

もう解放されたかと思ったのに。

それからは埋もれ毛との戦い。

毎日のように針と毛抜併用で、埋もれ毛をほじくりました。

 

喜びが大きかっただけに、落胆も大きく・・・。

 

エピレディは妹にあげました。

私はまた、脱毛ジプシーに逆戻り。

ああ、私はいつになったら自己処理から卒業できるのか・・・。

 

当時私は、いつもそんな日を夢見ていたのでした。

Pocket
LINEで送る